仕事を探す

地域おこし協力隊

スライダー(1)
スライダー(2)
スライダー(3)
スライダー(4)
特集1

地域おこし協力隊とは

 総務省が実施する制度です。1~3年間、都市部から地方に移り住み、地方自治体から「地域おこし協力隊」として委嘱を受け、地域の課題解決や活性化のための活動を行います。仕事内容や報酬は、隊員を募集している自治体によって様々。地方へのU・Iターンを目指す方にとっては、「一定の報酬・待遇を受けながら、夢の実現に向けた準備ができ、また、地域にいち早く馴染める」ことから、地方移住の際の手段のひとつとして、おすすめの制度となっています。

高知県における地域おこし協力隊

 高知県は、人口10万人当たりの隊員数が全国”第1位”(令和4年度総務省調査)と、全国的に見ても活用が進んでいる地域です。200名を超える隊員が現在も県内で活動中です!
 一次産業(農林水産業)、観光振興や地域づくり、特産品開発や情報発信など、その活動が多岐にわたっていることや、受入体制の充実などが、全国でも受入れ数が多い理由のひとつにあげられます。

■ 隊員の配置状況一覧はこちらのページをご覧ください。 ■ 地域おこし協力隊ネットワーク"とさのね"によるサポート体制も充実


募集情報

 協力隊ミッションの一部をご紹介しています。

■ 地域おこし協力隊募集一覧はこちらのページをご覧ください。

ミッションで検索

さらに絞り込む

おすすめポイント

もっと見る

イベント情報

 協力隊に関するイベントの一部をご紹介しています。

もっと見る

こんな方が活躍しています!

 隊員になったきっかけや、活動内容についてインタビューしてきました。

もっと見る
地域おこし協力隊

おすすめ記事

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top