移住者インタビュー

暮らすとなると生まれ育った高知がいい

  • 掲載日:2013.03.28
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
一覧へ戻る 暮らすとなると生まれ育った高知がいい

玉川 敏博さん

  • 出身地:土佐市
  • 現住所:高知市

もともと高知で就職するのが希望でしたが、コンピュータの専門学校に通った後、大阪に本社のあるパソコン関連の派遣会社に就職し、サーバのメンテナンスなどの仕事をしていました。その会社には高知支社があり、そこへの配属もあると聞いていたのですが、それもなく、仕事自体は楽しかったのですが、経済的な問題が発生したのがきっかけで転職を考えました。そんな折、帰高していた際に、知人に転職の相談をしたことで現在の会社の情報をいただき、つながりもあったので、面接を受けました。

現在は建築関係のソフト開発に携わっています。自分ではできたつもりでも、まだまだだったりと苦労しますが、先輩に聞いたり勉強しながら取り組んでいます。専門学校時代にソフト開発の勉強をしており、携わってみたいと思っていたので、やりたかったことができて楽しいです。また、お客様の要望で開発したソフトは、きちんと納得し「良かったよ」と言ってもらえるとやりがいを感じます。

東京や大阪は遊びに行くにはいいですが、暮らすとなると生まれ育った高知がいいですね。通勤も、電車で1時間弱くらいかかっていたので今は楽です。
私の場合、地元に戻ったので土地のことは大体わかりますが、まったく知らない場所へ行く場合は、その土地の風土など調べる必要があると思います。高知は住むとしたらいいところですよ。

仕事に関してはタイミングが合えば乗っていくことも大切です。それと、少し前を見ているということが大事だと思います。また、自分がやってきたことと同じ系統で仕事を選んでいくと、まったく内容が違うことはないのでそんなに困ることはないし、学んだことを活かすことができると思います。

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top