移住者インタビュー

トレーニングの先には笑顔がある

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
一覧へ戻る トレーニングの先には笑顔がある

後藤 雄さん
六反田 裕さん

  • 出身地:山形県(後藤さん)/福岡県(六反田さん)
  • 現住所:高知市
  • 移住年:2013年

それぞれ山形県と福岡県ご出身のお二人が、高知県で本格的なパソーナルトレーニングが受けられるトレーニングジムを開業。
どうして高知だったのかその理由や暮らしぶりを伺いました。

―高知に移住したきっかけと経緯

(後藤さん)勉強と大好きなサーフィンができる大学を探し、見つけたのが高知大学でした。
在学中にフィットネスクラブでアルバイトを経験し、それがきっかけとなりこの業界で働くことを決めました。卒業後、高知に残るか迷いましたが、その時はまだ地方には本格的なパーソナルトレーニングがなかったこともあり、一度東京に行って、そこで経験を積んだあとで大好きな高知で最高のサービスを提供したいと思い帰ってきました。高知を離れたあとに、高知のよさをとても感じましたね。
開業するなら自分の知っている土地がいいと思い、故郷の山形と迷いましたが、やはり高知にしました。

(六反田さん)福岡にいるときは、アビスパ福岡U-18に所属していて、サッカー交流で高知を訪れたことがありました。その後、東京でパーソナルトレーナーとして就職した先で後藤さんに声をかけてもらい、同じ志を持った者同士でしたし、もともとサッカー好きで、高知大学サッカー部フィジカルコーチをさせていただけることがきっかけとなり高知へ移住しました。

―実際、高知に移住してみて思うこと

(後藤さん)都市部から高知と同じ様な自然がある場所に行くには、ちょっとした旅行になってしまいます。それを思うとすぐ身近に豊かな自然があることはとても幸せなことだと思いますね。そんな自然豊かな高知は子育てにもよい環境だと感じていますし、地元の方は本当に優しい方ばかりで、いつも色々と助けてもらっています。

(六反田さん)都会のせかせかした慌しさがなく、ゆっくりとした時間の中で生活できています。自然が多いのもいいですね。ただコンビニがすごく少ないと感じました。

―移住を実行する際に苦労したこと、やってみてよかったこと

(後藤さん)都市部に必ずあるメガバンクがなく苦労しました。手続きも大変だったので事前に調べておけばよかったです。起業する際も自分達だけで準備をしたので工事業者を探すのが大変でした。結局、内装デザインは東京の知り合いの業者にお願いしました。
土地を探すときには、高知での大学時代に知り合った方に相談できたので助かりました。色々相談ができる知人が高知に居たのはとても心強かったです。

(六反田さん)メガバンクがないのは後藤さんと同じで苦労しましたね。
でも生活をしていればあまり不便とは感じません。

―これからについて(どういう風に暮らしていきたいか)

多くの方にパーソナルトレーニングを知っていただきたいです。お一人お一人の状況とご希望に合わせたメューを提供し、それぞれの目的は違っても、最後は笑顔になっていだだけるよう、無理なく楽しく身体作りのお手伝いができればと思っています。

―移住検討者へのメッセージ

都会より地方に興味があり起業を考えている方には高知がお勧めです。
知らない人ばかりだとか、うまくいくのだろうかいう不安があると思いますが、必死で考えれば何とかなるビジネスを思いつくものもので、また、誰もやっていないビジネスが転がっています。好きでやっていれば、お客さんが店を紹介してくれたりと、何とかなるものです。最低限の準備は必要ですが、本気で高知へ来たい、高知が好きだという強い気持ちがあればなんとかなると思います。

高知の本格トレーニングジム
You style

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top