多様な働き方

【大豊町】農家民宿『レーベン』で牧場運営・チーズ製造販売の継業募集!

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
一覧へ戻る

終了しました

大豊町梶ヶ森の絶景を見ながら酪農ライフ◇地域のナリワイを引継ぎ、事業を継続してくれる若者の挑戦を求めています!
【大豊町】農家民宿『レーベン』で牧場運営・チーズ製造販売の継業募集!

特徴・PR

―――――\\ここがポイント!//―――――

◉ 動物が好き!畜産業に興味がある!農業経営の多角化・6次産業化に挑戦したい方必見!

 牛の畜産(繁殖経営)、牧場運営、チーズの製造・販売・商品企画の仕事です!

 地方で活躍したい若者、地方で独立就農を目指す方には独立への近道に!

―――――――――――――――――

 ”畜産・酪農”を引き継ぐ
 乳や肉などを生産するために動物を飼育することを”畜産”といい、その中でも、牛や山羊などを飼育し、乳や乳製品を生産する畜産のことを”酪農”といいます。
 日本国内では主に、牛を飼って牛乳を生産する酪農が盛んに行われています。 近年では、牛乳を生産するだけでなく、生産した牛乳を使ってチーズやバター、アイスクリームなどの乳製品を加工、販売したり、観光牧場としてお客さんを呼び込んだりするような「農業の6次産業化」に取り組む牧場も増えてきています。
 また、都市部から地方へUIターンし、独立就農を目指す方も増えています。酪農の場合、搾乳をするための設備などを整える費用がかかるため、独立はとても困難です。一方で、牧場主の高齢化や後継者の不在などから後継者候補を求める牧場も増えてきています。将来独立を目指す方は、そうした牧場を選んで就農されることが独立への近道になるといえます。

募集内容

 合同会社ワタナベファームは、1987年に軽食喫茶『レーベン』の経営をスタート。2019年には農家民宿『レーベン(新館)』をオープンしました。その他、農家としては酪農と畜産(繁殖和牛)、そして有機野菜(トマトなど)の栽培も行っており、それらすべてを”合同会社ワタナベファーム”として運営しています。
 牛と触れ合える宿として人気を集めた『レーベン』。宿泊プランとあわせて、牛の餌やり・放牧・チーズ作りなどの豊富な体験メニューがあるのも人気の理由のひとつ。大自然の空気と景色を思う存分楽しんだら、農家自慢のオーガニック野菜を収穫。気持ちよい汗をかいたら薪風呂でゆったりリラックス。そして夕食は炭火焼きバーベーキュー ( 収穫野菜と土佐あか牛or黒毛和牛 )に舌鼓、食後はログハウスのテラスから満天の星空を眺めることができます。1日1組限定の特別宿泊プラン。現在も県内外から多くのファンが訪れています。
 
 オーナーの渡辺さんは70歳近い年齢となり、それらすべての経営・運営を継続していることが難しくなってきたたことから、牧場運営とチーズ製造販売事業の事業引継ぎ、継業の募集に至りました。

【引継ぎ内容】
・事業内容: 牛の畜産(繁殖経営)・牧場運営/チーズの製造・販売
・引継場所: 高知県長岡郡大豊町佐賀山キチヤ1253-3
・引継詳細: 牛13頭、牧場(約5ヘクタール)、飼育資材、チーズ製造機器、販売資格、販路、技術など
・引継条件: 相談の上決定いたします

【たとえばこんなチャレンジ!】
・牛の飼育や牧場運営を学び、畜産・酪農の「6次産業化」にチャレンジしたい!
・オリジナルチーズの製造や販路拡大、ブランディングに挑戦したい!
・牛を飼いながら、手作りチーズ作り!大豊町での酪農ライフを実現したい!
・地方で牧場運営をメインに複業・多業といったマルチな働き方を実現したい!

\求める人物像/
・大豊町へのUターン・Iターンを検討している方
・事業主の理念を理解し、運営できる方、活用のアイディアをお持ちの方
・地域のコミュニティを大切にし、地域と連携した町おこしなどの活用にも積極的に参加できる方

▼農家民宿&カフェ『レーベン』
ホームページ: http://otoyo-leben.com/
Facebook: https://www.facebook.com/otoyoleben/

おすすめポイント!

レーベン6

大豊町の大自然で牛さんを育てる!愛嬌たっぷり!モォ~~たまりません!
 牧場運営は、毎日朝早くから牛舎清掃、餌やり、搾乳など、肉体労働が毎日で大変だったりしますが、それ以上に、やりがいや心の充実感を味わうことができます!「自然が好き」「動物が好き」という方にはもってこいのお仕事です!

地方で独立就農を目指す方へ!「継業・事業承継」が独立への近道!?
 畜産・酪農の経験があっても、牛の調達はもちろん、土地の確保や、設備投資に費用がかかるため、独立はとても困難です。一方で、牧場主の高齢化や後継者の不在などから、後継者候補を求める牧場も増えています。将来独立を目指す方は、そうした牧場を選んで就農することが独立への近道といえます。

”チーズ作り”に必要な機材を導入!経営の多角化により事業の大幅展開も夢じゃない?!
 始めたばかりのチーズ作りでしたが、すでに道の駅や県内大手スーパーで人気商品として扱われており、さらには「ぜひウチでも取り扱いたい!」と手を上げている店舗があります。安定出荷が見込めれば、量産や加工技術、流通・販売の仕組み次第で、事業を大幅拡大できるかも!?

大人気の農家民宿&カフェ「レーベン」とコラボした体験企画で地域貢献!
 「レーベン」と合同で、チーズ作り体験、乳搾り体験、餌やり体験などを実施しています。大豊町に県内外からお客様が訪れる大切なツールとして、地域経済の発展にも一役買っています!子供から大人まで、大変多くの方に喜ばれています!

大豊町の梶ヶ森の山腹標高700mの大自然!満天の星空が眺望できます!
 澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込んで、森の美しさ、雲の近さ、星の明るさを感じられる、都会では味わえない特別な空間がここにあります!天気がよければ早朝には雲海が広がります。心が豊かになれる最高の場所です!


レーベン3

【オーナーへのインタビュー】
—————— 酪農、農家、民宿、カフェ・・と、かなり幅広く事業を展開されてますね!
はい。でも私も年をとってきたので、一部を誰かに引き継ぎたいと思ってます。今は、畜産業とチーズの製造・販売を引き継いでくれる人を探しています。牛を飼いながらチーズを作って、それで飯を食っていけんかなと思って。スタートしたばかりの新事業です。牧場は大体5ヘクタールくらいあるかな?放牧したり、えさ作ったりしています。チーズはこれからと思って、製造販売の許可をとって、熟成させる大きめの機材設備ももう発注しました(笑)。

—————— 育てた牛はどうなるんですか?
私のとこの牛は「和牛」なんです。畜産には3つの経営形態があって、和牛を繁殖させて生後7~8ヶ月の子供の牛を売る「繁殖経営」と、それを飼育して肉まで仕上げる「肥育経営」、両方を一環して行う「繁殖・肥育一貫経営」があります。うちは「繁殖経営」。いま親牛(メス)を12頭ほど飼っています。うまく行けば1年に1頭子を産みますので、年間10頭の子牛を売ります。あと、いま1頭だけジャージー牛を飼って、取れたミルクでチーズを作っています。これから量産していきたいので、もう1頭乳牛に育てているところです。それから、肉の販売許可も販路もあるので、年末に1頭だけ肉まで仕上げて販売したりしています。

—————— 牛を飼うって、誰でも出来るものなんですか?
突然素人が出来るものではないですね。資格は要りませんが、人工授精をしたいなら人口受精士の資格が必要になります。経験がない方なら2年くらいかけて、ゆっくり引き継いでいくイメージですね。

—————— 1日の仕事の流れを教えてください。
朝、牛舎にきてまず餌をあげます。その後、牛舎の清掃、夏場だと放牧させて、その間に餌にする草を刈ったりします。最後にまた牛舎に入れて、また餌をあげる感じです。冬は餌がなくなるので、春から秋にかけて冬の餌を作ります。草を刈って乾燥させたり、サイレージ (家畜用飼料の一種)を作ったりします。あと、月1回獣医さんに巡回に来てもらって、必要な牛には注射を打ってもらったりと体調管理も行います。

—————— いま感じている課題はなんですか?
やっぱり地方に若い人が減ってきたことですね。都会の人も田舎で活躍できる街に変わっていかないかん。
私たちの時代では、都会へでて安定した職に就くこと、そうさせるのが親の役目であり”当たり前”やった。田舎に残って、ましてや農業や酪農をやるなんて常識的に考えられないことやったけど。今は都会の人が田舎暮らしに憧れて移住してきている。そういう時代になったことに、地元の古い人間がもっと気づいてくれば、より街づくりがしやすいのにと思う(笑)。私は「住みたいところで住んで、したいことをしながら生きる」それが、人の一番の幸せなんじゃないかなって思います。

—————— どんな方に引き継いでもらいたいですか?
もちろん酪農経験がある人が理想ですが、畜産業や牛に強い興味・関心を持っていることが一番大事ですね。生き物ですし、牛の世話に基本休みはないですからね(笑)。賃借料もとりませんので、ただこの施設を利用して事業を続けていって欲しいという想いです。勝手かもしれませんが、折角ここまでやってきたのでやめてしまうのはもったいないし、これから!っていう若い方の挑戦に使って欲しい。誰かに楽しみや生活の糧にしてもらえると嬉しいな。

応募方法・問合せ先

まずは、お電話で「高知家で暮らすサイトの募集情報を見た」旨、ご連絡下さい。

■応募申込み・引継ぎ内容等の問合せ事業承継相談
高知県事業承継・引継ぎ支援センター 
〒780-0870 高知県高知市本町4丁目1-32こうち勤労センター4階
担当: 吉岡(よしおか)あて
TEL: 088-802-6002
ホームページ: http://www.cciweb.or.jp/kochi/syoukei-hikitsugi/
※後継者人材バンクへのご登録はホームページからご利用いただけます。

◆居住提案・地域のご相談
大豊町商工会 
〒789-0312 高知県長岡郡大豊町高須235-3
担当: 宮中(みやなか)あて 
TEL: 0887-72-0128

hikitugi

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top