イベントスケジュール

【ゲスト&見どころ】7/3 「どしたち、四万十」@高知暮らしフェア2021

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE

受付中

オンライン

07/03(土)

申し込む

日程

2021年7月3日(土)
10:00~18:00

会場

オンライン(Zoom)

参加費

無料

主催者

(一社)高知県移住促進・人材確保センター 移住・交流コンシェルジュ
TEL:088-823-9336(平日 8:30~17:15)
E-mail:iju@iju-jinzai.kochi.jp

一覧へ戻る
7月の「高知暮らしフェア2021」は幡多(はた)地域にフォーカスします!
【ゲスト&見どころ】7/3 「どしたち、四万十」@高知暮らしフェア2021
”どしたち、四万十”@高知暮らしフェア2021
2021年7月3日開催
個性豊かな7人のゲスト、紹介します。


<ゲスト1>
@黒潮町
神野 達朗(じんの たつろう)さん
#地域おこし協力隊で活躍 #子育てターン
高知市出身。元プロサッカー選手。2020年4月より地域おこし協力隊。現在、スポーツクラブ「Arcoracaon.S.C(アルコラセオン)」を始動し、自身が代表を務め運営している。参加した子どもたちからは「神野コーチの指導はわかりやすい」と好評。仕事とサッカーに打ち込む一方、2人のかわいい女の子のパパとしても活躍中!

【当日、お話ししたいこと】
■自然の中で親子で育つ⁉ 高知流・子育てのリアル。
■スポーツクラブ運営の希望と不安について、ホンネで語ります。

---
<ゲスト2>
@四万十市
高濱 望(たかはま のぞみ)さん
#集まれ移住女子 #地域おこし協力隊で活躍
広島県から四万十市へ移住して5年目。地域おこし協力隊を務めた後、四万十川の見える空き家をリノベーションしてゲストハウスを開業。オンラインでセミナー講師をつとめるかたわら、「NPO法人四万十市への移住を支援する会」の移住アドバイザースタッフとして活躍するなど、複数のなりわいで楽しく暮らしている。趣味は草刈りと庭木の剪定とマトリョミン演奏。

【当日、お話ししたいこと】
■川のそばで暮らす楽しみ
■地域の人の良さ、ほんとに最高なんです!

---
<ゲスト3>
@四万十市
山崎 文久(やまさき ふみひさ)さん
#アクティビティ移住

高知県出身。大学を卒業後、アパレルメーカーに就職。28歳の時に地元に戻り、自身のセレクトショップを開業する。40歳を期に、店の経営を続けながら、四万十市の移住推進員にチャレンジ。その後も、四万十市観光協会に在籍、「NPO法人四万十市への移住を支援する会」の理事も務める。地元の海をこよなく愛するサーファーの一面も。

【当日、お話ししたいこと】
■豊かな自然ををとことん味わう、山・川・海での遊び方

---
<ゲスト4>
@土佐清水市
染谷 輝夫(そめや てるお)さん
#子育てターン #地域おこし協力隊で活躍

東京都出身。大学卒業後、東京・大阪・中国(北京)で商社マンとして長年過ごす。土佐清水市出身の妻と「子どもは自然豊かな地域で育てることが大切」という考えに100%同感し、2020年、長女の誕生を機に土佐清水市へ子育てターン。
現在、地域おこし協力隊として、「移住促進」のミッションを担当。

【当日、お話ししたいこと】
■食がうまくて人があたたかい。暮らしやすさってこういうことです。
■子育てにバッチリな、自然豊かな地域とは?

---
<ゲスト5>
@三原村
多智花 光男(たちばな みつお)さん
#子育てターン #地域おこし協力隊で活躍
大阪府出身。10年ほど前に三原村を訪れ、自然の中で子育てをしながら生活したいと決意。高知市で仕事をしていたが、三原村へ移住。村では3年間地域おこし協力隊として活動し、現在は農業を営みながら、地域の体験プログラムの開発などに携わっている。

【当日、お話ししたいこと】
■楽しみながら、地域に溶け込むコツ。
■村での子育ては、平日も休日も濃くて楽しい!

---
<ゲスト6>
@大月町
中地 シュウ(なかち しゅう)さん
#アクティビティ移住
千葉県出身。2001年に海洋生物の民間研究所を立ち上げるため大月町に移住。四国地域で海辺の環境や生物に関するフィールド調査研究や保全活動に長年取り組んでいる。「地域の自然の成り立ちを知り、その価値を考える」をテーマに、自然史写真家/映像作家、生物標本作家として活躍中。

【当日、お話ししたいこと】
■幡多の海の価値と可能性
■大自然の中で生きていくルール

----
<ゲスト7>
@宿毛市
中垣 慶祐(なかがき けいすけ)さん
#アクティビティ移住 #地域おこし協力隊
愛知県出身。トヨタ自動車で11年間勤務し、退職。2019年3月に宿毛市沖の島へ移住して、地域おこし協力隊に着任。地域支援から広報PR、お土産品開発など多方面の業務に携わる。協力隊の任期終了後は、天日による製塩業で起業予定。現在、資金調達及びPRの為、クラウドファンディングに挑戦中。趣味はランニング、登山、コーヒー。島の大自然を日々、満喫している。

【当日、お話ししたいこと】
■なぜ「宿毛市」に決めたのか、移住先決定のヒント。
■自分なりに「すくも暮らし」を楽しむコツ。

お申し込みはこちらから! 

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top