移住者インタビュー

海の景色に惹かれて、人生が動き出した。

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
一覧へ戻る 海の景色に惹かれて、人生が動き出した。

宮川 真由子さん

  • 出身地:大阪府
  • 現住所:黒潮町
  • 移住年:2016年
  • 職業:地域おこし協力隊→保育士

大阪で保育士をしていた宮川さん。
母親と一緒に訪れた高知県で、海の美しさに胸を撃ち抜かれて以来 毎年、旅行で訪れるほどの高知ファンに。
ついに海沿いの町、黒潮町に移り住みました。

―宇佐の海にズキューン!

祖母が徳島在住で、もともと四国はなじみがありました。高知県の虜になったのは、母の車遍路に、ドライバー役でついてきたのがきっかけです。
車で海岸線をずっと走っていて、その景色の雄大さに胸をズキューン!とやられました。今思えば、仁淀川河口大橋から土佐市宇佐あたりだったと思います。あの宇佐の海は、本当に素晴らしかった。
それから毎年、高知に旅行に来るようになりました。

室戸岬から高知市までドライブして、市内に泊まって、地元の居酒屋さんに行ったりしました。
大阪で保育士の仕事をしていたので、子どもに人気のアンパンマンミュージアム(香美市)は何度も訪れました。保育士仲間をかわるがわる誘って、「職業柄、ここは行っとかないかんやろ!」って案内してましたね。毎年訪れていたけど、高知旅行に飽きることはなかったです。

―ポータルサイトを見つけてから、「高知移住」が身近に

2015年の9月に高知県移住ポータルサイト『高知家で暮らす。』を見つけました。見た瞬間からすごく「高知移住」が近くなって、毎日考えるようになりました。移住ってもっとハードルが高いと思っていたけど、このサイトを見ていると、自分にもできるかもしれないって思えたんです。
毎日サイトを見て、あれこれプランを練って…夢中でした。大阪で開催された移住相談会に行ったり、資料を繰り返し読んだり。漠然と「海に面した小さな町に住みたいなぁ」と思って、高知県の地図上の海沿いの町をひとつずつ検討していました。
ずっと大阪で育ったので、家族も友達も仕事仲間も大阪。最初に「高知へ移住しようかな」と伝えたときは、すごくびっくりされました。(笑)
みんな、私が高知好きなのは知ってましたが、「移住までしなくても、旅行で十分じゃないか」と言われました。家族からは「高知と似たような気候のはずだから、(大阪から近い)和歌山はどう?」とも言われました。高知はとても遠いところに感じたみたいです。

―宮川さん流 移住先サーチ法

高知へ旅行に来た夜、居酒屋さんのカウンターで隣に座ったおじさまやお店の方に「高知へ移住しようと思っています」って、思い切って話しかけてみました。高知の人って温かくて、みんなそういう相談にすごく親身に答えてくれて、嬉しかったです。
初対面の人ばかり数人に聞いたら、全員が口をそろえたように、西側(幡多地方)の海沿いをすすめてくれました。それが縁で、西側の市町村を探し始めました。それも、どうせ住むなら「市」じゃなくて「町」がいい。中土佐町と黒潮町が、移住先候補地になりました。

―知り合い0人から始まった、高知移住生活

単身での移住ですから、とにかく住む家と仕事が心配でした。移住先で保育士の仕事を続けられないのはわかっていました。
その点、「地域おこし協力隊」は、家と仕事が一緒に得られます。未知の分野に就職する怖さもありましたけど、高知に行きたいという思いの方が強かったです。なんでもやってやろうと応募しました。
移住サイトを見つけてから半年後、地域おこし協力隊として2016年4月に高知県黒潮町に移住しました。それはもう、怒涛のような半年でした。移住したとき、高知には知り合い0人でした。
そこからの4年間。黒潮町役場に入って、移住相談員の業務に就きました。役場の仕事にとどまらず、地元のイベントや集会に顔を出して、夢中でいろいろな人たちを手伝ううちに、いつの間にか大勢の友人・知人に囲まれていました。その友人の輪の中にいた、黒潮町で生まれ育ったある男性と結婚しました。移住して4回目の春のことでした。

―もう一度、保育士に。

黒潮町の地域おこし協力隊、臨時職員を経て、いまは4年ぶりに保育士として復職しました。自宅から近い、地元の保育園です。
黒潮町の保育園は、とても自然に近いなぁと感じます。お散歩で海へいくと、園児たちは「海に来たー」と喜びます。太平洋を横目にながめて、太陽をあびながらゆっくり歩く、とても素敵なお散歩コースです。夏には川のプールへ水遊びに行くこともあります。
仕事で苦労している点は、言葉です。私はまだまだ大阪弁が残っていて、幡多弁(はたべん、高知県南西部の幡多地方で話されている方言)がまだうまく話せません。幡多弁ネイティブスピーカーである夫と結婚してから、最近やっとなじんできて、口をついて出てくるようになりました。でも、園児達の達者な幡多弁にまだうまく返せないのが課題ですね(笑)。
黒潮町の保育園では、園児の親御さん同士が幼馴染だったり、親戚だったりするのも珍しくありません。親同士の付き合いが世代を超えて、お互いとても親しいのは、大阪ではなかなか見られないことです。将来、今の園児たち同士も親になって、いずれ幼馴染同士で子育てするようになるのかもしれません。

これまで夢中で過ごしてきて、あっという間の数年間でした。
夕方、仕事が終わってから、入野の浜まで散歩することがあります。
最初に高知の海の景色を見て感動したときのように、入野の浜を見ると、あぁ高知にいるだなぁと改めて思えて、背筋がぐっと伸びる気がします。

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top