移住者インタビュー

関西の学生チームで知った高知流。2度の「よさこい留学」を経て本場高知の踊り子へ。

  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LINELINE
一覧へ戻る 関西の学生チームで知った高知流。2度の「よさこい留学」を経て本場高知の踊り子へ。

芳村 百里香さん

  • 出身地:奈良県
  • 現住所:高知市
  • 移住年:2012年

※当インタビュー記事は、高知市への移住を支援する情報サイト「こうちらいふ」より一部転載しました。

―高知流に憧れて

奈良県出身の芳村さんは、進学した京都の大学でよさこいチームに出あった。「中学、高校と水泳一本だったので、誰か一人でも欠けたら困る団体競技に興味が湧いてきたんです」。高知県出身者が立ち上げたチームに参加し、大学1年の夏、よさこい全国大会の出場のために初めて高知を訪れた。
その後、関西の様々な祭りやイベントで踊ることで“高知流”が腑に落ちた。「ステージを中心とした踊りよりも、隊列を組んで練り歩くパレード形式が特徴。地方車からまっすぐ伸びる150人の踊り子の迫力、きっちり揃った鳴子の音はやっぱりすごい」。2年でチームの代表になり、ますます高知流を大事にするようになった。

―同じ舞台に立ちたい

高知を訪れて3年目の夏、はっと気づいた。「これまで高知流でやってきたけど、やっぱり本場高知は違う…

#続きは、『こうちらいふ』にてご覧ください!

オススメコンテンツ

イベント情報や支援情報など、
最新の情報をメールでお知らせします!

Go Top