高知の地域医療を支えて200年企業へ

仕事・事業についてインタビューしました!

お話を伺った方:総務部課長 門田充代さん/総務部 池上陽子さん

地域医療を支えて180余年

中澤氏家薬業の創業は、1832年(天保3年)。180年にわたって医薬品の卸売業を行っています。お客様は、高知県内の医療機関や薬局・薬店など。5ヵ所の営業拠点と配送網で、県内34市町村に医薬品を届けています。

厳しい品質管理で取り扱う商品は国内外から選りすぐった最新のもの。ニーズにあった医薬品を迅速にお客様にお届けすることはもちろん、最新の医薬用品や経営に関する情報まで、あらゆる方面から医療・薬業に携わるお客様のサポートを行う県内随一の老舗企業です。

中澤氏家薬業の高知県内における医薬品シェアは50%と、シェアトップ。創業以来、徐々にシェアを伸ばしてきたのは、小さな積み重ねを続けてきたからこその結果です。まずは一人ひとりのお客様と対話をすることで気づきを得て、相手の立場に立ったご提案に繋げていく。お客様と関係をコツコツと築いていくことには時間を要しますが、この繰り返しで今日の信頼関係が揺るぎないものとなっています。こうして築いてきた実績をもとに、基幹病院から診療所、薬局など数多くのお客様に選ばれるNo.1サプライヤーとなったのです。

スピーディーかつ丁寧に、高品質の医薬品を届けています

医薬品を滞りなく届けることの大切さ

営業が築いたお客様との信頼をバックアップするのが物流担当です。オーダーからお届けまで、スムーズに行える物流システムを導入し、効率的で確実な配送業務が行われています。医薬品を必要としているお客様に必ずお届けすることは、あたり前のことかも知れませんが、とても重要なことなのです。扱っているのは医療現場で使われる医薬品であるということの重要性を考え、1日6回の通常配送以外にも至急便を出すなどして緊急の要望にも応えています。

スピーディーかつ丁寧に高品質の医薬品を届けることが、お客様の先にあるユーザーの健康を実現するという思いを持って、営業から物流担当までが一丸となって取り組んでいます。

お客様との対話を大切に、相手の立場に立ったご提案をしています

災害時にも医薬品の供給を止めない

2017年に中澤氏家薬業の新社屋が完成しました。特筆するべきは、その備えです。

「平時はもちろん、災害時にこそ医薬品の物流を止めてはいけません。そのために、新社屋には非常用電源の確保などあらゆる対策を講じています。」と門田さんは言います。敷地内には30日発電できる自家発電装置、ガソリンスタンド、井戸やヘリポートなど私企業の設備とは思えないほどの設備が整っています。これらは東日本大震災の教訓も踏まえ、社内ワーキンググループで意見を出し合い実現されたもの。設備を備えるだけでなく、定期的に停電テストを行い、万が一の時にもすぐに対応できるよう対策を進めています。

県内医薬品のシェアトップ企業だからこそ、災害時にも医薬品の供給を絶対止めないという覚悟がこうした対策に表れています。

社内保育施設をはじめとした働きやすい環境づくり

医薬品卸売業というと多忙を極める仕事とイメージされることもありますが、中澤氏家薬業では働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

その一つが敷地内にある保育施設。0〜2歳の子どもを持つ社員が男女問わず利用しています。「子どもたちの成長を社員みんなで見守っています。」と門田さん。また、本社には社員食堂もあり、社員が健康で安心して働けるよう栄養面も考えた献立を用意しています。

敷地内にある保育施設。0〜2歳の子どもを持つ社員が男女問わず利用しています

寄り添い、高めあう人間力

中澤氏家薬業で働く人はバラエティ豊か。学校の教員や建設関係のコンサルティング業から転職した人も活躍しています。社員に共通しているのは、人の話をよく聞く、コミュニケーションを取るのが好きといった「人への興味が強い」というところです。医薬品営業では、病院の先生の思いに寄り添うことが大切です。何十年にも渡って一人の先生を担当する、ということも稀ではありません。そんな風に長く、良い関係を築いていくには「人」と「人」としての関わり方が大切です。新薬に関しての情報や相手の立場に立ってご提案することに加えて、人としての魅力、思いやりが大切なのです。

新しい知識を得る場として、社内では新薬について学ぶ勉強会を定期的に開催したり、お互いの営業スタイルについて学んだりしています。そういった社内のコミュニケーションを重ねながら、個の能力もあげていけるように取り組んでいます。

池上さんは「社員同士助け合う風土があり、そんなところが離職率の低さに繋がっていると思います」と言います。互いに助け合いながら、高め合う。そんな環境が中澤氏家薬業にはあります。

左:門田さん 右:池上さん

企業の魅力PRポイント

PRポイント1

高知県内医薬品シェア50%

PRポイント2

南海トラフ地震など災害時への備えが充実

求める人物像
・相手(お得意先や仲間)の気持ちを思いやる意識を常に持てる方
・素直さや明るさがある方 ・数字だけではない目標を描き、向かっていく意識がある方

企業情報

企業名
中澤氏家薬業株式会社
業種
商社・流通・小売
住所
南国市伊達野501
設立年月日
創業1832年 設立1949年12月
代表
中澤 栄一郎
資本金
4,781万円
従業員数
男性203名 女性64名
採用担当(連絡先)
088-802-5111(担当:門田)

採用関連情報

新卒初任給
営業:243,400円
物流:198,700円
内勤:174,590円
モデル年収
・600万円/35歳営業/途中入社11年目、諸手当込み(扶養家族なし)
・450万円/25歳内勤/大卒勤続3年、残業手当(月平均20時間程度)含む
自己啓発支援
中型自動車免許 取得費用の全額補助(職務による)
研修制度
入社時研修、配属先で中堅社員について業務内容を研修
有給消化日数
10.2日
平均年齢
41.3歳
新卒・中途就業状況
採用者数:新卒9人/中途16人
採用者数のうち離職者数:新卒0人/中途0人