REPORT

高知ビギナー、集まれ~!「都会で高知、し放題Fes!!」夜フェスを開催しました!

「えっ、高知県? あ、坂本龍馬んとこ!?」

そんな高知ビギナーの心に深く爪痕を残す、にぎやかなイベントが開催されました。
その名も「都会で高知、し放題フェス!!(夜フェス)」

たくさんの人に高知県のファンになってもらおうという貪欲なイベントです。
楽しいこと、おいしいもの、たくさんあるヨ~!

手始めに、高知県についての簡単クイズ&土佐弁講座でゆるっとスタート。


方言講座って何するの?ってかんじですが、土佐弁には「進行形」「完了形」など時制表現があるのです。(英語の授業でやったアレです)

例えば!
○進行形「雨が降りゆう」・・・雨が降っている
○完了形「雨がふっちゅう」・・・雨が降っていた(降り終わった状態)

土佐弁ネイティブスピーカーは幼少時からこの時制を使いこなしています。
いわば土佐弁の基礎!

いきなりの異国語に戸惑うみなさん。

しかしネイティブ土佐人のコミュ力につられて、頑張って習得しようとしてくれます。
こじゃんちうれしい!

皆さんの気持ちが高知に10cm位近づいたところで土佐弁講座は終了。

ワークショップが始まります。

高知県が全国シェアの5割を占める「ゆず」を使ったモイストポプリづくり
小瓶に青柚子の皮と塩、オイルを詰めるだけの簡単な作業



最後は小瓶にリボンをかけて、キュートな仕上がりに。
完成したポプリはお土産としてお持ち帰りいただきました♪

さてさて、ここからが本日のメインイベント!

「出張!土佐の日曜市」

高知の名物、「土佐の日曜市」をコンセプトに、高知の名物や名産を味わったり、触れていただけるブースを設置

例えば、高知特産の巨大ショウガの重さ当てコーナーだったり

高知の酒蔵の人気銘柄の試飲コーナーだったり

高知のおもてなし料理、皿鉢(さわち)をイメージした試食コーナーだったり


高知の夏の風物詩「よさこい祭り」の衣装を着て記念撮影ができる「よさこい体験コーナー」だったり



まさに高知し放題!

高知県スタッフと交流しながら、思い思いの時間を過ごすみなさん
特に、試食コーナーではちくわに大胆にきゅうりを一本そのまま差し込んだ高知県版「ちくきゅう」が大人気でした

イベントの最後に、高知県ミニテストを実施!なんと土佐弁実技まで!

厳正な採点を行った結果・・・


みなさんすごい正解率でした・・・拍手!

多くの方にご参加いただき、大盛況に終わった夜フェス!

次は、9/16に開催された昼フェスの様子をおとどけします!

 

 

 

 

 

 

おまけ

高知県出身プロレスラーで、ツイッターでは「ピッサリさん」と呼ばれて人気の岡林裕二さん(@bjw_pissari)さんが一般の方にまぎれて来場!
でもやっぱりどうしても目立ってしまって、女性のお客さんから「カラダ触っていいですか(ハート)」と囲まれてモテモテ。

ピッサリ!!!