安芸市は、県都高知市から東へ約 40km に位置する田園都市で、県東部地域最大の市街地を形成しています。ほぼ中心を安芸川、伊尾木川の 2 大河川が四国山脈から太平洋に流れ、南国土佐の陽光のもとで、日本一の施設園芸地帯から生産される「なす」や中山間地域の「ゆず」、また、藩政時代の面影を伝える武家屋敷が残る町並み「土居廓中」や、昭和 40 年からキャンプを張る「阪神タイガース」、三菱の創業者「岩崎弥太郎」が自慢のまちです。
豊かな自然や歴史と文化の香るまちですが、人口の減少と少子高齢化が進み、地域活動や産業の担い手不足が大きな課題となっています。
安芸市が未来にわたり持続、発展していくため、都市部の意欲ある人材を誘致し、新たな発想・知恵・力で安芸市の活性化を図るため「地域おこし協力隊」を次のとおり募集します。

★地域おこし協力隊とは…
地方自治体が都市住民の方々を受入れ・委嘱し、一定期間以上、第一次産業(農林漁業など)の応援や地域振興、地域住民の方の生活サポートなど、地域協力活動に従事することで、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の維持・強化を図ることを目的とした国の制度です。
地域おこし協力隊について(移住・交流推進機構)
===================================================
★募集要綱

1.募集人員
1名

2.活動内容
協力隊の活動は、別に定める安芸市地域おこし協力隊設置要綱を基本にし、中山間地域
の集落維持や活性化に資する活動に従事していただきます。以下は活動内容の例示です。
・地域外住民との交流事業の企画、運営支援
・地域の伝統行事や共同作業などの支援
・地域住民による意見交換会の運営支援
・地域住民による健康づくり・介護予防などの活動支援
・高齢者の見守り活動 など

安芸市地域おこし協力隊設置要綱【抜粋】
(1) 地域行事や地域コミュニティ活動に関する活動
(2) 集落活動センターの運営に関する活動
(3) 地域住民の生活支援に関する活動
(4) 地域資源の発掘及び地域資源の活用に関する活動
(5) 農林畜産業への支援活動
(6) 観光交流事業に関する支援活動
(7) その他、地域力の維持と地域おこし及び地域活性化に資する活動

※ 勤務時間中は上記以外の個人的な活動は認めません。 3.募集対象
(全体事項) 下記(1)~(7)全ての要件を満たす方
(1) 年齢20歳以上、60歳以下の方(平成26年6月1日現在)
(2) 生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から安芸市内へ移し、住民票を異
動させることができる方
(3) 過疎地域の活性化に意欲があり、地域住民と生活をともにする意志のある方
(4) 地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方
(5) 協力隊終了後も本市に定住する意思のある方
(6) 心身共に健康で誠実に職務を行うことができる方
(7) 普通自動車運転免許を取得している方
(活動に際して) 下記(1)~(3)全ての要件を満たす方
(1) 活動に際して市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
(2) 土日及び祝日の行事参加や夜間の会など、不規則な勤務に対応できる方
(3) パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができる方
※ 上記の「三大都市圏及び都市地域等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐
阜県、愛知県、三重県、 京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、並びに、札幌市、仙台市、
新潟市、静岡市、浜松市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、のうち、過疎地域自立
促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法及び小笠原諸島振興開発特別措
置法に指定された地域外の地域をいう。

4.活動地域
畑山地域

5.勤務日数及び勤務時間
(1) 勤務日数:原則週4日間(月16日間)
(2) 勤務時間:原則8時30分から17時15分(1日7時間45分、週31時間)
※ 夜間、土日等の勤務は、週勤務時間内で調整します。

6.雇用形態及び期間
(1) 安芸市の非常勤職員として安芸市長が委嘱します。
(2) 初年度の委嘱期間は1年以内とし、次年度からは年度毎に委嘱することができるもの
とします。また、委嘱期間は最長3年間とします。
(3) 協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であってもその職を
解くことができるものとします。

7.報酬
月額166,000円
※ その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。

8.待遇及び福利厚生
(1) 休暇日で業務に支障がなければ、兼業を認める場合があります。
(2) 勤務時間中はパソコンと公用車等の備品を貸与します。
(3) 安芸市での生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の
持ち込みをお勧めします。
(4) 住居については、市が用意する住宅に居住してもらいます。一月あたり5,000円程度
の個人負担が必要な場合があります。水道光熱費等は個人負担です。
(5) 健康保険・厚生年金・雇用保険等の社会保険に加入します。

9.応募手続
(1) 応募受付期間
平成26年4月18日(金)から平成26年5月17日(土)必着。
郵送で受付けます。尚、提出した書類は返却しません。
(2) 提出書類
・ 応募用紙
・ 履歴書(市販のもので可。写真添付。直筆)
・ レポート(A4 で書式自由、パソコン可)
題名「安芸市の地域おこし協力隊員として活かしたい私の能力」について、1,000 文字
程度で作文を作成して下さい。
(3) 申し込み・お問合せ先
〒784-8501 高知県安芸市矢ノ丸1丁目4-40
安芸市役所企画調整課まちづくり係
電話0887-35-1012
メールアドレス: machizukuri@city.aki.kochi.jp

10.選考
(1) 第1次選考
書類選考の上、結果を5月下旬に応募者全員に文書で通知します。
(2) 第2次選考
第1次選考合格者を対象に5月下旬に第2次選考試験(面接)を行います。日時及び会場等
の詳細については、1次選考結果の通知の際にお知らせします。
なお、第2次選考試験に要する交通費及び宿泊費等は個人負担とします。
(3) 最終選考結果の報告
最終結果報告は、5月下旬に文書で全員に通知します。
※住民票の異動は委嘱日(平成26年6月9日予定)以降に行って下さい。それ以前に住所を
異動させると応募対象者でなくなり採用取り消しとなる場合があります。やむを得ず、委
嘱日以前に住民票の異動が必要な場合は事前にご相談ください。

※応募用紙・要項などにつきましてはこちらをご覧ください