安芸市は、県都高知市から東へ約40kmに位置する田園都市で、県東部地域最大の市街地を形成しています。
市内には藩政時代の面影を伝える武家屋敷が残る町並み「土居廓中」や、三菱の創始者「岩崎弥太郎」の生家があり、ほぼ中心を流れる安芸川と伊尾木川は「なす」を中心とする園芸地帯を形成しています。中山間地域では「ゆず」の栽培が盛んです。
また、昭和40年から阪神タイガースがキャンプを張っていることも自慢のひとつです。
豊かな自然や歴史と文化の香るまちですが、人口の減少と少子高齢化が進み、地域活動や産業の担い手不足が大きな課題となっています。
安芸市が未来にわたり持続、発展していくため、都市部の意欲ある人材を誘致し、新たな発想・知恵・力で安芸市の活性化を図るため「地域おこし協力隊」を次のとおり募集します。

★地域おこし協力隊とは…
地方自治体が都市住民の方々を受入れ・委嘱し、一定期間以上、第一次産業(農林漁業など)の応援や地域振興、地域住民の方の生活サポートなど、地域協力活動に従事することで、地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域力の維持・強化を図ることを目的とした国の制度です。
地域おこし協力隊について(移住・交流推進機構)
===================================================
★募集要項
1.募集人員
1名

2.募集対象
【全体事項】
下記(1)~(7)全ての要件を満たす方
(1)年齢20歳以上、60歳以下の方(平成28年10月1日現在)
(2)生活の拠点を3大都市圏をはじめとする都市地域等から安芸市内へ移し、住民票を異動させることができる方
(3)過疎地域の活性化に意欲があり、地域住民と生活をともにする意志のある方
(4)地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方
(5)協力隊終了後も本市に定住する意思のある方
(6)心身共に健康で誠実に職務を行うことができる方
(7)普通自動車運転免許を取得している方

【活動に際して】
下記(1)~(3)全ての要件を満たす方
(1)活動に際して市の条例及び規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方
(2)土日及び祝日の行事参加や夜間の会など、不規則な勤務に対応できる方
(3)パソコン(ワード、エクセル、インターネットなど)の一般的な操作ができる方

【活動内容について】
活動内容は、別に定める安芸市地域おこし協力隊設置要綱を基本にし、東川地域の活性化に資する活動に従事していただきます。
(活動例)
・集落営農に向けた仕組みづくりなど、産業基盤の維持や担い手確保のための取り組み
・茶、柚子、入河内大根などの農産品を使った交流・体験イベント等の事業の企画、運営支援
・地域内外への地域情報の発信
・集落活動センターの運営支援
・地域住民による意見交換会の運営支援
・移住促進活動 など

3.報酬
月額166,000円
※その他、賞与、時間外手当、退職手当等は支給しません。

4.活動期間
平成28年10月1日から3年間(予定)

5.応募手続
(1)応募受付期間
平成28年6月15日(水)から平成28年7月15日(金)

(2)提出書類(データ提出可)
応募用紙
・ 履歴書(市販のもので可、写真添付)
・ レポート(A4 で書式自由)
題名「安芸市の地域おこし協力隊員として活かしたい私の能力」について、300文字以上で作文を作成して下さい。

(3)提出方法・提出先
郵送または電子メール
〒784-8501 高知県安芸市企画調整まちづくり係
E-mail:machizukuri@city.aki.kochi.jp

※活動例、募集要項や応募用紙など詳細はこちらをご覧ください。