aikawa1これまで二回にわたり、「シェアオフィスもとやま」(本山町)、そして四万十町の「Shimanto Share Office 161(シマントシェアオフィス ヒロイ)」と二つの「高知家のシェアオフィス」を見学・取材してきましたが、今回は残る一ヶ所、土佐町にある「シェアオフィス相川」に行ってきました。
高知県中心部から車で約一時間。棚田に囲まれた緑豊かな相川地区の山々に抱かれ、吉野川の支流によりそうように旧相川小学校はあります。

建物は平成4年に建造され、平成20年の小学校の統廃合により閉校となりました。当時で20名ほどの生徒さんが通っていた、かわいらしい3階建ての小学校です。

aikawa_entranceまずは特徴的なガラス張りのエントランスがお出迎えしてくれます。中はふんだんに木材が使用されており、建物の中にはいっても校舎のすぐ裏を流れる清流のせせらぎが聞こえ、全体的に木のぬくもりと自然の息吹が感じられるあたたかみのある空間となっています。

1階部分だけは先行して平成23年に改修が終了しており、ステージのある集会所では部落会や様々な集会が行われています。また夏にはプールが子どもたちに解放され、グラウンドで地元の夏祭りも開催されるなど、かつての思い出の小学校は、現在は地域の方のコミュニティセンターとしての役割を果たしています。

aikawa_rouka2階部分がシェアオフィスとしての機能を担い、入居者で会議等に活用できる多目的ホールと、別々のオフィスとして貸し出される予定の奥の二つの教室があります。各部屋の改修はこれから行われる予定です。

3階には音楽室や理科室、図書室などの教室があります。本や音符の書かれた机などがそのまま残されており、当時の面影が偲ばれます。こちらの改修・使用予定は現段階では未定ですが、シェアオフィスへの問い合わせや申込みが多ければ、今後使用も検討していくとのことです。

こちらに現在入居が決定しているのは、大阪に本社がある「クックビズ」さん。現在、嶺北地域にて農業インターンシップを行うファームビズ(farm+biz)という事業を行っておられます。現在は同町の別の場所に仮の拠点をおいて、平成26年7月をめどにシェアオフィス相川にサテライトオフィスを開かれるとのこと。今後の嶺北地域での展開が楽しみです。
貸し出し形態は、現在のところ年単位となっていますが、短期利用の問い合わせもあるため、今後は「シマントシェアオフィス161」のような短期の貸し出し形態も検討されています。

aikawa_landscapeこちらのシェアオフィスでは、1階がすでにコミュニティセンターとしてすでに機能していることもあり、入居者の方には集会や地域行事に顔をだすなど積極的な交流が望まれています。
今後、シェアオフィス内での交流はもちろん、地域の方との交流を通じて、さらなる交流の拡大や地域を活かした新しい試みがうまれていく可能性を感じます。

相川地区は伝統的な棚田での農作が今も守られ、地域の特産である土佐あかうしの畜産も行われている、農業と畜産のさかんな場所です。
雄大な自然に抱かれ、地元の方とのふれあいのあるシェアオフィス相川で、新しい働き方や生き方を見つけてみませんか。

【シェアオフィスへのお問い合わせはこちら】
「シェアオフィス相川」公式サイト
高知家のシェアオフィス

【現在入居を予定している企業】
ファームビズ(farm+biz)
※現在高知県嶺北地域での、春季農業インターンシップ生を募集しています!

【土佐町(嶺北地域)でのいなか暮らしってどんな感じ?】
●土佐町ってこんなところ:土佐町紹介ページ
●土佐町に移住された方のインタビュー:高知の山間で始めた、幸せの贈り物屋さん
●嶺北地域への移住支援団体:「れいほく田舎暮らしネットワーク」