今日は黒潮町で、移住者のみなさんが集う「移住者懇談会」に参加いたしました。
(この会は第2回目の開催で、第1回目は平成21年秋に開催されました。)
参加された移住者の方々は、前回の参加者のいらっしゃいましたし、今回初めての方々も多数ご参加。「どんな方々だろう?」とお互い興味津々で会は始まりました。

今回の内容は、主に「移住者住宅支援協議会の取り組み」、「移住者の会の立ち上げの検討」でした。
黒潮町では、町・商工会・労建組合が移住者のために空き家情報を提供する「黒潮町移住者住宅支援協議会」を立ち上げ、HPなどで空き家物件の紹介/移住検討者と地元の方、双方が理解を深めるために、現地個別面接を行っての詳細情報提供などを通して移住に取り組む団体として活動してきました。

その取り組みについて、移住者の方々に改善点を伺ったところ、「現在の合否を判定するようなイメージを持つ”面接”というネーミングは、これからやってくる希望者に対してはどうなのか?」、「空き家所有者さんの一定の情報も、移住希望者側は知りたい」といったご意見もいただき、いくつかの改善点をいただきました。

また、移住者同士が苦労話や仲間づくりを行う「移住者の会(仮称)」の設立については、「同じ境遇の人と知り合える絶好のチャンス」、「移住した時からそんな会があれば良かったと思っていた」と言った意見や、「継続的な取り組みになるのか?」といった声なども出ました。結果としては、「移住者が集える場をつくる活動が重要」ということになり、新規に移住を希望する方々の相談や定着後の生活などの相談役などにも取り組みながら、移住者が意見交換できる場作りをしていくことで会はまとまりました。

担当としても、黒潮町の移住者の方々が集い、よりいっそうの仲間作りと移住を考えている方へ何か手助けもできれば…というみなさんの想いに深く感銘を受け、本県への移住を希望する方々への支援をもっともっとがんばろうと思えた会でした。

黒潮町では多くの移住者がおり、実際に移住した際には相談にのってくださる方もいらっしゃると思います。黒潮町が初めてで訪れてみたいという方は、移住コンシェルジュや黒潮町役場総務課の移住促進担当者様まで、相談してみてはいかがでしょうか?

(移住促進担当:矢野)