実は現在、移住促進事業の一環としてDVDを制作中です!高知県の特色やパートナー市町村の紹介、地域の活性化に取り組んでいる移住者の方のご紹介等々、人や各地域の魅力を映像で効果的にPR。『百聞は一見にしかず』移住を少しでもお考えの方に、雄大な自然や高知県人のおおらかさ等 高知の“まんま”をご紹介するものです。

当サイト『高知で暮らす』内の『移住体験者インタビュー』で以前、お世話になった【惟康さんご夫妻】に取材に行くと伺い、同行させていただきました。

大阪府にお住まいだった6年前の6月、車で四国を廻るゆったり旅を満喫されていた惟康紘さんとさちほさんご夫妻。高知県の香南市に通りかかった時「美味しい魚を土産に」と道行く人に魚屋さんを教えてもらい探していると・・・・・・    “貸”看板のかかった家発見!
「8月にはもう高知に来てました。」のお話に、たった2ヶ月で移住を決行した行動力に脱帽というか、“運命の出会い”というのはこういう事をいうんだなぁ~と感心したものです!
 元はお好み焼屋さんだった“貸家”は、出会った時にはすでに5~6年は“空き家”状態。1ヶ月の大掃除の末、深い趣のある“古民家”へと生まれ変わったのでした。

 “運命の出会い”から6年・・・

「高知で行ってない所がないですねぇ。」とご主人。ご夫妻で西へ東へ車でよくお出かけになるそうです。
「大阪に居る子供の所に孫が生まれたけど、もう2年も大阪へは帰ってないわね。」とさちほさん。
「お墓は大阪だけど、一生ここで暮らすわ。」と、大変うれしいお言葉をいただきました。
大阪から遊びに来た2人の娘さんは帰るのがイヤになり、一緒に暮らし出して2年程。
今では高知弁も◎ すっかり高知県人のようです。

「高知へ来てから本当にいい巡り合わせがたくさんあって、色んな事を教えてもらっています。野菜なんかもめったに買わなくてもいいくらい頂くんですよ。」と、地域にもすっかり馴染んでいらっしゃいました。
 
やわらかな笑顔が、穏やかな生活を日々送っていらっしゃる証のようです。

≪ご案内≫

毎月1回 最終土曜日 高知城(高知市)の「すべり山」で開催しているフリーマーケット『アハナムジカ』に参加しています。
果物の味がそのまんまのジャムや、甘さ控えめで素朴な味わいのパン・ケーキ等ご主人手作り商品を販売しています。とってもおすすめですよ!

1014144507 1014150416

 

 

 

 

 

 

1014145221 1030111043