移住の先輩を訪ねて・・・・・・第2弾は、いの町にお住まいの三浦博史さんをご紹介します。
三浦さんには以前、パートナー市町村であるいの町のリーフレット作成時にお世話になりました。

福岡県ご出身の三浦さんは愛媛県松山の大学生時代、お友達と四万十川に遊びに来てイカダを作って川下りをしたのが、高知県の“川”との出会いでした。その後高知の“川”の美しさと、カヌーの魅力にどっぷりのめり込んでいきました。

大学卒業後1年程九州で就職していましたが、「違う・・・自分らしくない」と転職を考えていたところへ大学時代の親友(高知県出身)から高知での就職先の情報もあり、高知への移住を決意。

空き家探しにその親友の実家を訪れた際に“仁淀川”と運命的な出会い。

高知市で就職。土日は仁淀川でカヌー三昧

四万十川が忘れられず四万十市へ転居・転職

カヌースクールを開くべく“仁淀川”のあるいの町へ。

いの町暮らし8年になる現在は、ゴールデンウィークから夏はカヌースクール、秋冬には森林組合で山仕事をする生活を送っているそうです。

「仁淀川で初めてオープンカヌーをした時、転覆してわりと深く沈んでしまったのですが、川中でもがく中、太陽の光がとても眩しくきれいだった。今まで全国のいろんな川へ行きましたが、仁淀川は僕が知っているどの川よりも透明度が高く、石の色のバリエーションが豊富で、水質はトップクラス!川底の美しさは素晴らしいです。」と大絶賛です。

四万十川への憧れで高知に導かれたような三浦さんですが、今は“清流仁淀川”の美しさにすっかり魅せられていました。

大学時代のご友人達は三浦さんが生まれ故郷を離れ、田舎で自分のライフスタイルを貫いている事に、「あっそう。やっぱりね。」と何の驚きもなく、当り前のように思っているそうです。
「田舎暮らしを楽しんでますねぇ。」
三浦さんは肩の力が程良く抜けた、とても自然体の方でした。

《ご案内》
三浦さんの「仁淀川カヌースクール」でカヌー体験しませんか?

TEL:088-892-1001

1102112755 1102112433

 

 

 

 

 

 

1102112748 1102112740