2012年4月11日にオープンした「かつおゲストハウス」に行ってきました。

明るい女将によるホスピタリティ溢れるおもてなしと、高知の魅力がこれでもか!と詰まったゲストハウスです。内装にも心くすぐる仕掛けが沢山施されていて、お部屋を見てまわるだけでもあっという間に時間が過ぎてしまいます。

かつおゲストハウスの女将であり、地元タウン誌の副編集長でもある前田さんにお話を伺いました。

もともと大の旅好きで、世界30ヶ国を旅した前田さん。今度は、ゲストハウスの女将として旅行者を受け入れる側に立ち、思うのは「自分が旅の一部になれている」ことへの嬉しい気持ちなんだとか。
旅行者を受け入れ、高知の魅力を存分に伝える。そして、また高知へ来たい、今度は県西部へ行ってみたい、県東部へ行ってみたい、果ては高知へ移住したい、と言ってくれるお客さんと出会い、そんな彼らの高知旅の一部となって、おもてなしをする事がゲストハウスを営む醍醐味と言います。

前田さんは、平成22年度、23年度に渡って実施された「おまん何がしたいがぜよProject」(経済産業省補助事業:農商工連携等促進人材創出事業)に参加し、起業に向けて研修を行いました。当初は「海のツアー」を商品として起業する事を計画していた前田さんですが、起業する為の資金や企画立案までの道程は険しかったそう。
そこで、もう一度「自分は何がしたいのか」ではなく、「自分に何が出来るのか」と言う風に自分の手札を見直してみた。これまで、タウン誌の副編集長として蓄えた、豊富な高知の情報や、家族が使っていない一軒家も幸いあった。

これを組み合わせてできたのが、なんともユニークなゲストハウスです。

高知の情報発信基地のような、かつおゲストハウス。
前田さんの頭の中に高知の情報データベースがあり、希望に合わせた旅のコンサルタントも対応して頂けるとのことです。

ゲストハウスでの出会いをお待ちしてまーす!

かつおゲストハウスホームページ
http://katuo-gh.com/
facebook
http://www.facebook.com/katuo.guesthouse

1002092126

1002092136 DSCF0801