今回の移住者交流会の会場は、高知市中央公園すぐ横に店を構える「coccolo」さん!
高知の食材とこだわりの手打ちパスタ、そして落ち着いた雰囲気が魅力の隠れ家イタリアンです。今回、下は3歳から上は70代までの総勢22名の方々にお集まりいただき、終始和やかな雰囲気の交流会となりました。

今回は、土曜日開催の“ランチ会”だったこともあり、夜の開催では参加が難しいお母さんたちもお子様と一緒にご参加いただけました。参加者の皆さんは、移住時期やきっかけ、年齢や性別も様々でしたが、「移住」という同じ経験をされているからか、すぐに意気投合され和気あいあいとお話しを楽しまれていました。今のお仕事やこれからやっていきたいこと、おススメのレジャースポットやお店などの多岐にわたる情報を交換したり、日々の暮らしの中で感じている悩みや「高知あるある」ネタなどで大いに盛り上がりました。

中でも、移住後に困ったこととして「土佐弁が分からない・・・。」というお声を私たちコンシェルジュも度々伺っていたので、楽しみながら土佐弁に親しんで頂こう!と『土佐弁クイズ』を行いました!
日常よく使われる土佐弁からちょっと粋な土佐弁まで、コンシェルジュが厳選した土佐弁を全部で10問出題。はじめは分からなかった方も答えを聞くと「なるほど!」とスッキリされたご様子で、さっそく近くの方たちと「水がまける(訳:水がこぼれる)」「水がまけちゅう(訳:水がこぼれている)」「水がまけゆう(訳:(進行形で)水がこぼれている」など土佐弁を練習する姿も見られました。

今回は、小さなお子様からご年配の方まで、世代を越えて同じ時間を楽しんでいただけたように思います。今後もより高知での暮らしが楽しくなるような、そんな繋がりをどんどん広げていける交流会を開催していきます。

ご参加いただいた皆様、ご協力いただいたcoccoloさん、ありがとうございました!

交流会