2019年3月16日
会場:STOCK(東京都港区高輪2-16-4)

1. 会員限定! 「高知家で暮らし隊」が集うパーティ

 高知県への移住をサポートする無料会員制度「高知家で暮らし隊」をご存知ですか。イベントなどの最新情報をメールマガジンでお届けしたり、レンタカー割引、宿泊特典などがついたお得なメンバー制度です。会員になっていただくと、移住・交流コンシェルジュがより皆様に寄り添った情報提供や提案をさせていただきます。
今回は「高知家で暮らし隊」会員限定の交流会を、各30名限定の2部構成で開催しました。ゲストを交えたトークセッションでお昼に開催した第1部、おきゃく(宴会)スタイルで夜に開催した第2部。高知市土佐山地区と中土佐町からゲストを迎えて、どちらも熱く盛り上がりました。

 

2. 地域を語る生の声! 多彩なゲストが来場

大崎裕一さん(高知市土佐山の地域リーダー)
高知市土佐山出身。夢産地とさやま開発公社の業務執行事として、土佐山の盛り上げのためにショウガや柚子などの産品の販路拡大や観光振興などさまざまな事業に携わる地元のキーパーソン。

 

田中隆博さん(中土佐町の地域リーダー)
高知県中土佐町出身。カツオの目利き『日本一』といっても過言でない中土佐町の魚屋の名物社長。慶応義塾大学進学後、商社に入社し海外で働いていたことも。地元「大正町市場」盛り上げの仕掛け人。

 

高橋大弐さん(中土佐町の先輩移住者)
東京都出身。2015年に愛知県から高知県中土佐町へ移住。現在は「道の駅なかとさ」の駅長として地域の方と一緒に道の駅や中土佐町を盛り上げている。休日は地元の海でサーフィンを楽しむ。

 

 

3.【第1部】
静かで熱いトークセッション&高知ランチ

先輩移住者&地域のリーダーによる高知暮らしのトークセッション。地域住民はいったい何を移住者に期待しているのか。実際に移住してみての感想は? 正直な意見、素朴な疑問も飛び出して、熱い意見が交わされました。

「地元の食材、材料を使って、自分の生活の中でビジネスを作り、それで食べたり暮らしたり、生活できるってことを残していきたい。」

 

「仕事は田舎で働くのも東京で働くのも、時間軸が少し違うというだけで基本は同じ。必死こいて働かないといけないのは当たり前です。24時間中、15時間くらいを会社のために縛られるということがなくなる。その代わり自己責任も少し大きくなるというだけ。」

 

 

 

「私が住む土佐山は、お膳立てはできてないが、素材はたくさんある土地柄。地元の人間では気づけないものでも、外から来た人なら価値の再発見があるかもしれない。そういう宝を見つけていきたい。」

土佐山地区は教育にも力をいれており、土佐山学舎は小中学一貫校。また体験プログラムもたくさん開催していて、人口1000人程度の地域に年間7000人もの人が訪れる。関係人口、交流人口の多さも土佐山の魅力。

 

「住まい探しがポイントでした。最初に住んだ家は虫が多くて苦労しました。家の詳しい情報は、役場のホームページではわからないし、町内に不動産業者もいない。よく行くお店の人や知り合いなど、結局、人づてに教えてもらいました」

 

 

 

 

高知の食文化を代表するカツオ。中土佐町・大正町市場で鮮魚店を営む田中社長が持参してくれました。社長自らが切り分ける分厚い切り身に感嘆の声!

 

 

 

ゆず酢の香り立つ酢めしに、高知ならではの山菜・四方竹(しほうちく)がたっぷり入ったチラシ寿司。ぽりぽりとした食感が絶妙です。

 

 

 

高知の食材をおのおの取り分ける、ビュッフェスタイル。前菜のサラダに始まり、デザートの土佐文旦までご馳走が並びます。一番人気はやっぱりカツオ!

 

 

テーブルを囲んで一緒にチラシ寿司やカツオをほおばる。それだけで、高知の暮らしがぐっと近づいたような感じ!?

 

 

 

家族連れの方もご参加いただきました。高知での子育てってどんな感じ? 些細な疑問も気軽に聞けるのがこのイベントの良さです。

 

 

 

4.【第2部】
   飲んで語り合う、おきゃく(宴会)スタイルの交流会

先輩移住者や地域リーダーと杯を重ねながら、高知暮らしをざっくばらんに語り合う第2部。高知の蔵元が作った個性豊かな土佐酒と、カツオや四万十豚など地元のご馳走が勢ぞろい。高知ならではの明るい「おきゃく」の力で、初対面でもぐっと距離が縮まる濃密な2時間でした。

土佐酒を飲んで、気持ちがすこしほぐれてきたら、ざっくばらんな高知トークの始まりです。

久礼、酔鯨、桂月、美丈夫、亀泉、南など、地元の蔵元が作った土佐酒の数々。きりりと辛口で食事によく合います。今や全国的な人気の栗焼酎「ダバダ火振」も登場

 

 

 

 

キッチンからは四万十豚のステーキやいたどりの炒め物など、高知食材を使った豪華メニューが続々と。

 

 

 

 

 

5. まとめ 参加した皆様のお声

今回のパーティに参加してくださったのは20代~50代の関東在住の皆様。イベント終了後、「とても楽しくて参考になった」「実際にたくさんのスタッフさんと交流できて、熱意を感じた」「次は移住体験ツアーに参加してみたい」「次回は高知県内の別の地域に関連したイベントにも参加してみたい」などのうれしいお声をいただきました。

また「トークセッションでは自分も参加したかった」や「高知に住んでいる人しか知らないプチ情報をもっと聞きたかった」といったお声もいただきましたので、次回は更に充実した内容にしたいと思います。
今後も、「高知家で暮らし隊」の関連イベントにご期待ください。

「高知家で暮らし隊」への登録はこちらへ。