• 高知家で暮らし隊、登録はこちら
  • イベントスケジュール
メルマガ登録・お問い合わせ
暮らし隊登録はこちら

トップページ > 移住者インタビュー > 点が線で繋がった時がベストなタイミング

点が線で繋がった時がベストなタイミング

大久利 正太さん
  • 出身地:神奈川県
  • 現住所:東洋町
  • 移住年:2020年
  • 職業:会社員

世界的に有名なサーフスポットとしても知られる東洋町をご存じでしょうか。この地にある企業の一つに「株式会社山下組」という会社があります。ここは、建設業を軸に、地域のために飲食業や農業の分野でも手腕を発揮する地元密着型の企業です。今回は、この春山下組に転職した若手注目株の大久利さんを取材させていただきました!

Q. この5月から東洋町へ来られたそうですね。きっかけは?

神奈川県藤沢市の出身で、元々は人材紹介会社で働いていました。当時は、主に新規事業の立ち上げ等に関わる部署に所属していたのですが、今のままでは自分がやりたい事、大事にしたい事が実現できないような気がして転職を考えていました。そんな時、前職の同期で高知県出身の子に誘われたのをきっかけに、初めて高知県を訪れたんです。親子で農業をしている同期のもとで、農業の手伝いをしたり、高知県内の色んな方たちと出会う中で、山下社長と出会ったのが東洋町へ移住したきっかけです。

Q.何に一番惹かれましたか?

自分自身、地方創生や地方と協働というテーマに関心があり、そういった観点で働ける転職先を探していました。都内の企業に内定をいただいていたのですが、龍造さん(=山下社長)の東洋町への想いや今後のビジョン、実際の仕事内容を聞く中で、自分の働き方が具体的にイメージできたんです。その時に、ここで働きたいと思いました。

 

―社長の想いを聞かせてください。

山下組が行う建設業は公共事業が約8割を占めます。公共の仕事で得た売上は地域に還元する必要があると考えていて、そのためのセカンドビジネスをいくつか行っています。 例えば、「フクチャンFARM」では、東洋町の特産品であるポンカンを守っていくため、後継者の確保や育成、放棄園の復興のため、栽培から加工品の製造販売までを手掛けています。でも実は、経営は赤字。 何事も10年は続けないと何も分からないと考えているので、地元のベテラン農家さんたちから技術を教えてもらいながら、試行錯誤の日々です。大久利くんが担当してくれているカフェ運営もその一つですね。

Q.現在はどんな仕事をしているんですか?

今年6月にオープンした「citrus&coffeecafe ki-iro」の運営のほか、SNSを活用した広報、自社製品の販路拡大のための企画などに携わっています。直近で言うと、カフェ店員として接客はもちろん、売上管理、SNSを活用した広報のほか、首都圏との繋がりを活かして、東洋町の特産品であるポンカンを使ったジュースを首都圏にも売り出すための戦略を練っているところです。 ポンカンは首都圏ではあまり馴染みのない果物ですが、一度味わってもらうと気に入ってくださる方が多い印象です。
今後、通販にもより力を入れていきたいと考えています!

 

 

 

 

 

Q.移住前後の暮らしのギャップって何かありましたか?

特にはないですけど、やはり車がないと買い物や移動に不便さは感じます。

―土佐弁はわかりますか?

正直、最初は何を言っているのか分かりませんでした(笑) ただ、東洋町は大阪に近いのもあって土佐弁より関西弁に近いので比較的わかりやすいです。

―ちなみに、お住まいはどうやって見つけましたか?

家探しをしていた時に、ちょうど町営住宅が空いたのでそこを案内いただいて住んでいます。 まさかの一軒家で5DKという広さに驚きましたが、そこで一人暮らしをしています。

Q.高知に来て驚いたことってありましたか?

一番は、食べものの美味しさですね! 初めて高知を訪れた時、高知市内にあるかもん亭というお店で「うるめのバッテラ」を食べたんですがその美味さに感動しました。魚だけじゃなく、シンプルな調理をしただけの野菜もめちゃくちゃ美味しくて、食材の良さを感じました。あと、人の“あたたかさ”が違うなと感じています。

 

―“あたたかさ”と言うと?

東京と比べると、東洋町の暮らしは一人ひとりの責任の範囲が広いと感じます。だからこそ、自分がやりたい事を実現しやすいし、その結果が分かりやすいのは面白みの一つです。そして、親身になって話を聞いてくれたり、協力してくれるんですよね。自分がまだどこで何をするか迷っていた時、背中を押してくれた言葉をくれたのも高知の方でした。

 

 

最後に、移住を検討されている方に一言お願いします!

自分の“想い”を大切にしてください。でも、無理をしすぎずに色んなことにチャレンジして欲しいと思います。自分もそうでしたが、興味のある事や人や地域との繋がりなどの点が線に繋がったタイミングで動くと良いと思います。

#citrus&coffeecafe ki-iro
#東洋町の観光情報は東洋町観光旅サイトがおすすめ!
#東洋町や周辺の仕事情報は高知求人ネットがおすすめ!

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。
そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

一般社団法人高知県移住促進・人材確保センター
高知県 産業振興推進部 移住促進課

【高知・相談窓口】

平日 8:30 ~ 17:15
住所:〒780-0870 高知県高知市本町4丁目1-32 こうち勤労センター5階 地図を見る
TEL:088-823-9336/FAX:088-855-7764

※土日祝は東京・相談窓口にて受付いたします。

E-MAIL(全共通):iju@iju-jinzai.kochi.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【東京・相談窓口】

【月~金】東京オフィス
月~金 10:00 ~ 17:00
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-3-3 内幸町ダイビル8階 802号室
TEL:03-6206-1707

【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

※高知県アンテナショップ「まるごと高知」地下1階の相談窓口は現在休止中です

※いずれも事前予約制

【大阪・相談窓口】

【月~金】高知県大阪事務所内
月~金 9:00~17:00
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-6-8
センバセントラルビル1階

TEL:090-6887-9774

【毎月 第4金・土曜日】
大阪ふるさと暮らし情報センター
毎月 第4金・土曜日 11:00~17:00
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31
シティプラザ大阪1F

TEL:088-823-9336

※いずれも事前予約制

オンライン相談はこちら

高知家ホームパーティ
(移住相談会情報)

直接会ってお話をしたい方は各種相談会・フェアなどにご参加ください。
こちらでは、移住関係の各種相談会・フェアなどの年間スケジュールを掲載しています。地方移住をご検討の方はぜひご参加ください。

高知家ホームパーティ(移住相談会情報)