トップページ > 移住者インタビュー > 生徒が創る学校!国際バカロレアの学校でチャレンジ!

生徒が創る学校!国際バカロレアの学校でチャレンジ!

佐野 武さん
  • 出身地:京都府
  • 現住所:高知市
  • 移住年:2018年
  • 職業:教員

平成30年4月に開校した「高知国際中学校」。2年後には、1期生が高校生となり、高知国際高等学校も開校する予定の国際中学校で働く佐野先生に、国際中学校の魅力や先生から見た高知の魅力を伺いました!

Q.高知に移住したきっかけと経緯を教えて下さい。

高知に来る前は、2年間東京の大学院に通って「国際バカロレア(※)」の勉強を行っていました。
修了後、高知県に採用されたのをきっかけに、平成30年3月から高知で暮らしています。大学院の前は、島根の離島海士町(あまちょう)で4年間暮らしていました。
※国際バカロレアとは、学ぶ人を中心としたカリキュラムで構成される国際的な教育プログラムです。

Q.「国際中学校」の特徴は何だと思いますか?

生徒は「この学校は“考えないといけない”」とよく言いますね。
例えば、「『被子植物』と『裸子植物』の違いは何ですか?」という問いがありますよね。私たちが習ってきたことは、その違いについて。私の授業では、「なぜ、被子植物と裸子植物があるのか?」という答えのない問いかけに対し、生徒たちが議論します。

でも、クラスメイトと議論するためには、知識がないと議論できないので、必然的に被子植物と裸子植物の違いも理解することになります。答えが1つでない問いに対して、生徒は考えて議論するのでとっても頭を使います。「いろいろな環境があって植物は進化した、環境の変化に応じて生物は進化する」という概念に気づくことが大切で、大人になった時に覚えていてほしいのは、「被子植物と裸子植物」の違いではなく概念の方なんです。

私は、授業で5分以上しゃべらないことを目標にしています。授業では一方的に聞くのではなく、できるだけ“考える”時間を与え、教師は学びのファシリテーターに徹しています。

Q.国際中学校のパンフレットには、「生徒が作る学校」とも書かれていますよね?

まだ出来たばかりの学校なので、ある意味今の生徒は自分たちで作り上げることができるラッキーな年代。

例えば、学校では予定していなかったクリスマスパーティを生徒が企画して、校長先生にプレゼンして実施できるようになったり。実は、このパンフレットもデザインを含めて生徒が作ったんです。自分自身、やりがいがあって本当に面白いと感じています。

一方で困ったこととして、生徒に「自分の生まれた街を考えて」というテーマを出すと、高知市出身者は、街が大きすぎて、自分の街という実感が少ないということもありますね。

Q.暮らしの面では、高知で暮らすにあたって、不安なことはありましたか?また、移住に際してどんな準備をしましたか?

京都府出身なんですが、高知にほとんど来たことがなくて、“暮らす”イメージができていませんでした。まずそこが不安でした。ただ、島根で働いていた時の友人が高知で暮らしていたので、知り合いがいたことは大きかったですね。あと、離島にも、東京にも住んだことがあったので、「来たら来たでなんとかなる」という感じもありました。
事前の準備としては、東京にいる間に高知県が主催する移住相談会に参加するなどして、住まいと妻の仕事、子どもの保育園を探していきました。最終的には、住まいだけ先に決めて移住しました。

Q.高知の暮らしはいかがですか?

私は、高知市内に住んでいますが、何より食べものとお酒が美味しいですね。
普通のスーパーで買う刺身や野菜が、東京では何倍も出さないと食べられないクオリティだし、よく、日高村の「村の駅」にトマトを買いにいきますが、生産者がブランドになっているところも安心して食べられますね。高知に来たら、外食でなくスーパーに行くことをおすすめします!
「暖かいところ」というイメージどおりで、冬は暖かく、夏は夜がしっかり冷える分過ごしやすいですね。私の子どもはまだ小さいので、近所の方に関わってもらえるような、もう少し田舎の地域で暮らしたいとも感じています。「田舎暮らし」がしたいと思って、高知市に移住したら都会過ぎて“ちょっと違う”と感じるんじゃないでしょうか。

Q.先生が感じる「高知」ってどんなところですか?

すごくチャレンジ精神があるところだと感じています。
例えば、高知県内の小学校で、国際バカロレアの導入を検討している地域もあって、全国的にも前例がほとんどないようなことでも挑戦する、素晴らしいところですね。


 

そんな特徴ある取り組みを行なっている高知国際中学校の生徒の生の声をきけるイベントを開催します!高知生まれ高知育ちの中学生が感じる『高知県の魅力』とは!?この機会にぜひ聞きにお越しください。

地域の学校フェア ~高知の特徴的な小学・中学・高校・大学集合~
<東京>
日時:2019年8月31日(土)11:00~16:00
場所:東京交通会館3階グリーンルーム(東京都千代田区有楽町2-10-1)
☆国際中学校生徒によるセミナーは12:00~12:30です!
※詳細はこちら

<大阪>
日時:2019年9月1日(日)11:00~16:00
場所:AP大阪梅田茶屋町(大阪市北区茶屋町1-27 ABC-MART梅田ビル8階)
☆国際中学校生徒によるセミナーは12:00~12:30です!
※詳細はこちら

まずは、移住・交流コンシェルジュにご相談ください

高知県に移り住みたいなぁとお考えの方に、相談窓口として地域や住居、仕事などのご希望やご質問をお伺いし、実現のための支援情報のご提供や、不安の解消といった側面からサポートいたします。
そして、移住の達成後も、生活や生業、地域の人々・企業との交流などのフォローアップを目指した、移住のための“総合案内人”です。

一般社団法人高知県移住促進・人材確保センター
高知県庁 産業振興推進部 移住促進課

【高知・相談窓口】

平日 9:00 ~ 18:30
住所:〒780-0870 高知県高知市本町4丁目1-32 こうち勤労センター5階 地図を見る
TEL:088-823-9336/FAX:088-855-7764

※土日祝は東京・相談窓口にて受付いたします。

E-MAIL(全共通):iju@iju-jinzai.kochi.jp
【携帯電話メールアドレスをご利用の方】
上記メールアドレスが受信できるよう、設定をお願いします。

【東京・相談窓口】

【火~日】「ふるさと回帰支援センター」東京交通会館 8階
火~日 10:00 ~ 18:00
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL:03-6273-4626

【月・祝】高知県アンテナショップ
まるごと高知 地下1階
月・祝 11:00 ~ 19:30
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere
TEL:03-3561-8417

※いずれも事前予約制
詳細はこちら

【大阪・相談窓口】

【月~金】高知県大阪事務所内
月~金 9:00~17:00
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2-6-8
センバセントラルビル1階

TEL:090-6887-9774

【毎月 第4金・土曜日】
大阪ふるさと暮らし情報センター
毎月 第4金・土曜日 11:00~17:00
〒540-0029 大阪市中央区本町橋2-31
シティプラザ大阪1F

TEL:088-823-9336

※いずれも事前予約制
詳細はこちら

高知家ホームパーティ
(移住相談会情報)

直接会ってお話をしたい方は各種相談会・フェアなどにご参加ください。
こちらでは、移住関係の各種相談会・フェアなどの年間スケジュールを掲載しています。地方移住をご検討の方はぜひご参加ください。

高知家ホームパーティ(移住相談会情報)