「土佐ぁ~のぉ~♪高知ぃのぉ~♪はりぃま~やぁ~ばぁ~しでぇ~~♪」

高知人なら誰もが口ずさめる馴染み深いこのフレーズ。
町おこしの一環として1954年からスタートした“よさこい祭り”。

高知人の豪快で人懐っこい県民性はここから来ているとか?
“よさこい”を知っている!というあなたも、まだまだ知らないことがいっぱい♪

ここらでちょっくら集まってみんかね?

 

\\ ココがPOINT! //
なぜ “よさこい祭” がこんなにもおもしろいのか?
今や国内200か所以上の地域でよさこい祭りが開催され、海外でも26以上の国や地域で普及し、
日本を代表するイベントのひとつとなった「よさこい祭り」。
観る人踊る人すべてを虜にするその魅力とは?当日は、よさこいを知り尽くしたゲストをお迎えし、
本場土佐のよさこいについてお話いただきます。よさこい好きと繋がるチャンスですよ!


◇日時:2019年11月23日(土)14:00~17:00
◇会場:LIFULL Table(東京都千代田区麹町1丁目4-4)
◇参加費:無料
◇定員:50名 ※定員になり次第受付終了
【申込み】 以下申込フォームから、《 11月15日(金)まで 》に事前申込みをお願いします
申込フォーム: https://forms.gle/3hwmAEC5mbRpVa628


○ゲスト講演

ゲスト×よさこい移住者によるパネルディスカッション

どんどこつながる交流会(ワールド・カフェ)

フリータイム・アンケート・抽選会

※変更になる可能性があります

 

【土佐のよさこいを知り尽くしたキーマン】
●横山 公大 氏 (よこやまこうだい)
高知をこよなく愛するいごっそう。2014~2018年「土佐のおきゃく」実行委員長を務めるなど、熱い想いとユニークな発想で、国内外問わず数々の地域おこしイベントや、講演会を行う。現在、高知市議会議員や高知の食を考える会理事、高知県観光特使として活動中。自身も毎年よさこいチーム“うげうげ王国”でインストラクターを務めるなど、幅広いよさこいのネットワークを持つ、高知のキーマンです。
●高瀬 直史 氏 (たかせなおふみ)
“お祭り男”“兄貴”“情に厚い”がしっくりくる男気溢れる高知のフィクサー。四万十町よさこい踊り子隊『四万夢多(しまむた)』を率いて、東京「ドリーム夜さ来い」にも多数出場経験をもつ。四万十町役場にぎわい創出課の公務員として四万十町の商品のPRなど担当。地域おこし協力隊の業務では全国的に評価されるなど、先進的に取り組みを実施しています。
【よさこい移住しちゃったゲスト】
●足立 美恵 さん (あだちみえ)
栃木県出身の足立さんは、仕事で移り住んだ新潟でよさこいに出合う。
柏崎市のチームとして原宿表参道元氣祭 スーパーよさこいにも参加。
本場高知のよさこいに憧れ、「チームが決まればすぐ移住します」という決意を込めて、高知のよさこいチームへ申込み。チームの全面的なバックアップにより、2014年5月に高知に移住しました。

※11月24日(日)大阪会場はこちら

◇お問い合わせ先
(一社)高知県移住促進・人材確保センター 移住・交流コンシェルジュ
TEL:088-823-9336/E-mail:iju@iju-jinzai.kochi.jp