2週間から1カ月程度、働きながら地域に滞在し、地域を丸ごと体験できる「ふるさとワーキングホリデー」の取り組みです。
今回のイベントでは、高知県、石川県、福井県、宮崎県の受入内容についてご案内するとともに、実際に参加した方をゲストに招き、体験談をご紹介します。

イベント情報はこちら

<プログラム> ※現在の予定から変更となる可能性があります。
 19:00~19:05  「ふるさとワーキングホリデー」についてのご紹介
 19:05~19:25 各県から受入内容のご紹介
          ①石川県(地域振興課)
           ⇒https://ishikawa-wh.com/
          ②福井県(若者・定住支援課)
           ⇒http://fukui-wh.jp/
          ③高知県(移住促進課)
           ⇒https://wh-kochi.com/
          ④宮崎県(中山間・地域政策課)
           ⇒https://iju.pref.miyazaki.lg.jp/post-6932/
 19:25~19:55 ふるさとワーキングホリデー参加者からの体験談の紹介
          小菅真里奈さん(石川県でワーホリに参加)
          小西真亜子さん(宮崎県でワーホリに参加)
 20:00~21:00 ゲストとの意見交換や参加に関する個別相談

■申込方法(①または②にてお申込みください。)
 ①Peatix(イベント紹介サイト)の申込ページからお申し込みください。
  ⇒http://kataranight20171027.peatix.com
 ②件名に「10月27日参加者と語らナイト」とお付けいただき、お名前をご記載のうえ、
  メールにてお申し込ください。
  ⇒メールアドレス(高知県移住促進課):120301@ken.pref.kochi.lg.jp

■ゲスト紹介
 ①小菅真里奈さん(石川県で参加)
  民間企業で勤務後、現在は、有志団体CARTIVATORでの活動や、製造業コンサルタントでの
  インターンシップ中。
  自分と向き合い、本当にやってみたいことは何なのか、どんな成長をしたいのか考え、
  色々な事にチャレンジする中で、金沢を中心に地元情報誌の出版やメディア事業を精力的に
  手がける情報企業(株式会社カラフルカンパニー)でワーホリに参加。

 ②小西真亜子さん(宮崎県で参加)
  都内で営まれている宮崎県にまつわる居酒屋に勤務していたことから、宮崎県のワーホリに参加。
  参加先(日南市・飫肥ファーム)で農作業をしながら、初めての田舎暮らしを体験。
  地域住民とも積極的に交流し、親交を深めたことから、田舎の魅力を十分体感するとともに、
  都会に帰った後には、滞在した地域の住民の間に「小西ロス」を引き起こした。

0001